【迷子猫探しの記録24】考えの違い!?でもやっぱり!
〈捜索〜30日目〉

もうシロにつながる情報がなさすぎるし、
体力的にも疲れてきた二人…
20200503maigo024_1
20200503maigo024_2
20200503maigo024_3
20200503maigo024_4

疲れて、
思うような結果も出なくて
ストレスもたまって
家の雰囲気は悪くなるばかりでした。

でも、二人とも「シロちゃんに会いたい!」という気持ちは
本当は同じでした。

この頃が一番辛かったと思います。

シロちゃんは、この家を出て行ったのだから
戻りたくないんだから、外の方がいいのかも…なんて
諦めてしまった方が良いような考えが浮かんだり…



私は、シロちゃんには絶対会えると信じていたけれど
捜索をずっと続けるべきだとは思ってはいませんでした。

自分の生活もあるのだから、
いつか、もうこれ以上
体力も時間もお金もかけられないって
諦める時が来ると思っていました。

この時は
まだ続けたい気持ちが強かっただけです。


もし、今探されてる飼い主さんで、辛くなった時は
一度「迷子猫探し」をお休みしてみる。
というのも有りだと思います。
一旦、離れることで「次の良い方法」が見つかる事も
たくさんあると思います。

1日も早く、迷子の猫ちゃんが見つかることを祈っております。

絵日記【迷子猫探しの記録】の続きは


絵日記【迷子猫探しの記録】の一つ前に戻る 


絵日記【迷子猫探しの記録】を最初から読む
【迷子猫探しの記録1】猫を連れて引っ越しすることになった!