【迷子猫探しの記録11】
猫探偵に電話でアドバイスをもらう事で、初めて本格的に探し始める
20190920maigo011-1
20190920maigo011-2

近所から各家庭へのポステイング

ほんとは、いなくなって直ぐにするべきでしたよね!


チラシが届いて配れたのは、猫がいなくなってから10日後(遅い!)


ただ、ポスティングしたのが土曜日の早朝だったのは、

良かったかもしれません

新聞がまだ入ってるお宅が多かったから

遅い朝にゆっくり見てもらえたかもと期待して・・・


家を中心に東西南北、ぐるりと配ると

300枚なんてあっという間!

何枚か外に貼ったり、お店に貼ってもらったり

お友達にお願いしたり(本当にありがたかったです)

ポスティングできないマンションは、掲示板みたいなところに貼っていただきました。


これで、何か情報が入ってくると期待して


朝晩の捜索も自宅を中心に半径50~100メートルを

念入りに行なっておりました。


自宅を中心に半径50メートルとか、100メートルと言われても

実際、どこまでなんだ?ってピンとこないですよね


そんな時、

こちらのサイトで地図から見当をつけることができる

本当にわかりやすかった!

<迷子猫の行動範囲検索 >~迷子ペット.NET

迷子猫の探し方と行動範囲

猫が迷子になってしまった時の行動範囲を調べることができます。


いなくなった地点から半径50メートル~1キロの地図ができます




ただ、猫は地図を見て移動しているわけじゃないので

半径50メートルをきっちり守るわけでなく

実際の道路や、公園やら、住居やらを踏まえて

近場を探すっていうのが王道なんでしょうね


私は、自分で探してシロを見つけることはできなかったので

「自分で見つける」ということは、今でも自信がないです。


家の周りは、住宅ばかりだったので

猫が人の敷地に入ってしまったら、発見しようがないな~って

思いながらぐるぐる回った記憶しかないのでした。

絵日記【迷子猫探しの記録】の続きは


絵日記【迷子猫探しの記録】の一つ前に戻る


絵日記【迷子猫探しの記録】を最初から読む
【迷子猫探しの記録1】猫を連れて引っ越しすることになった!