【迷子猫の探し方5】
ペットを迷子にして、気持ちの整理がつかない時も
20190819kiji

迷子ペット探しの情報を読んでいると
「後悔しても仕方がない、自分を責めない」
という文言を読むことも

私も、今なら
「うん、うん、後悔して悶々とする時間が無駄だし!
その時間にやれることいっぱいあるよ」って思います。

だけど、私自身
猫を迷子にしてしまった直後〜1ヶ月くらいは
毎日『なんであの時〜』って悶々としてました。
多分、ペットを迷子にした飼い主さんは、みんなそうなんじゃないかな?
終生面倒を見るつもりで『ウチの子』にしたのだから
責任は、飼い主にあるのだと自覚してるのだから
後悔するのは当たり前だし、
毎日、自分を責めるのも仕方ないと思う。

後悔をしても、自分を責めても
過去は変えられないのだし
何も解決しない。のも知っているけど
気持ちがどうしても『あの時』に戻ってしまう

だけど
自分を責めるということは、
それだけ責任感が強いということ。
その責任感で『絶対に見つけてあげなきゃ』って
気持ちも強いはず。

特に、私は自分のミスで逃してしまっていたので
『これは絶対見つけなければ』という執念に近い気持ちになり
(たとえ不幸な事故で発見されたとしても)
絶対にシロチャンを見つける!と 


ただ、迷子のペット探しは
上手くいかない事が続いたりして
「ウチの子」を心配する気持ちや、焦りから
押しつぶされそうになる時も

そんな時は、
『今、会えないのは、タイミングが合わないだけ。
少し時間をおいてから考えよう』って
無理をしてでも、気持ちを切り替えて
自分の楽しみや、息抜きをしてみてください。

「自分を責めすぎないで」時期を待つ
気持ちを切り替えて
一旦、休憩する事も大切だと思います。

そして、また仕切り直す事で
今まで見落としていた事が分かったり 
新しい発見があったりするかも 


心配で、いてもたってもいられなくて
ついつい無理をしてしまう
大変な日々なのは、経験上承知しています。
でも、だからこそ
ご自身を大切にして欲しいのです。

何より飼い主さんの健康が、
精神が安定していないと
「大切なウチの子」も探せないし、
帰ってこれないのですから
 

大切な猫さん、犬さん、小鳥さん、
すべての迷子ペットさんが1日も早く帰ってきますように
祈っております。

記事【迷子猫の探し方】の続きは
 
記事【迷子猫の探し方】を最初から読む