【迷子猫探しの記録6】やっと気づいた
やっと事態が飲み込めてきた様子

20190809maigo006-1
20190809maigo006-2
20190809maigo006-3
20190809maigo006-4

本気になって探すのが遅すぎました。

そして、ずっと恐れてた「シロは引越しを受け入れてくれないかも?」が
「ずっと不満な様子だったシロ、これは家出なのではないか」と思い始めました。


夜、早朝と猫の名前を呼びながら探すも
どこをどう探したら良いのか分からないし
近所迷惑になるから)そんなに大きな声は出せないけれど
名前を呼んだって、返事はないし・・・・
猫よ、出てきてよ!って思うけど

猫さんにとっては
非常事態で、周りは危険だらけで、不安な状態。
何よりも身の安全を確保することが第一!と隠れてじっとしている。
猫が逃げ出して、すぐ〜1週間くらいは
ほとんどの猫さんが、逃げた場所の近くで隠れているそうです。
しかも、健康な猫なら水だけで1〜2週間は平気だそう
飼い主からしたら、出てきてくれれば安全に帰れるのに!と思うけど
本能で隠れる方が安全だと思ってしまっているから、厄介です。

迷子猫探しは
この最初の1週間に見つけられるか、自力で帰ってきてくれるかで
厳しさが違ってくると思います。

なので、自分の反省からも、
もし、猫が逃げたと気づいたら
早く行動してほしいと願います。
そして、冷静に!(難しいけれど)
猫はパニック状態だから
飼い主が落ち着いて対応しないと、逆に逃げてしまいます。

絵日記【迷子猫探しの記録】の続きは


絵日記【迷子猫探しの記録】の一つ前に戻る


絵日記【迷子猫探しの記録】を最初から読む
【迷子猫探しの記録1】猫を連れて引っ越しすることになった!